So-net無料ブログ作成
検索選択

ダメ親と呼ばれても学年ビリの3人の子を信じて・・・。ああちゃん 読みました。 [本、雑誌、漫画]

 季節柄、最近読む本が偏ってます。
ビリギャルのさやかさんを慶応大学に合格させた
おかあさん(ああちゃん)が書いた本です。
51VVqCZ2xUL.jpg 

偏差値30から慶應義塾大学に現役合格した姉(さやか)、父親のスパルタ教育のせいで思春期に自暴自棄になってから立ち直った弟(長男)、不登校状態から上智大学に合格した妹など――いま話題のビリギャル家族のすべてがわかる、何度も泣ける、本当にあった物語。不遇を極めた祖母、母、娘(さやか)と受けつがれた「折れない心」。その心は、どん底の家庭環境のなか、どのように伝えられたのか?「親族になけなしの金を生涯むしられた自分の母に、幸せな家庭を見せたい」――そう願って、母・ああちゃんが始めた夫婦生活は、すぐに冷え切り、怒声が飛び交う家に。そんななか、ああちゃんは改心し、全く新しい子育てを始めます――爆発的ながんばりを、あなたの子どもからも引き出せる、感動的な気づきを満載した内容です。

(説明文より)

感想
考えていた内容と違ってましたが面白かったです。
母・ああちゃんと夫の関係が冷えていてそれを見ていた
子供たち、特に次女は仏壇に手を合わせて仲良くなってほしいと
祈っていたそうです。
夫婦の仲が悪いと子供の人格形成に良くないことがよくわかりました。
夫婦がけんかする姿は、見せてはいけないと思いました。もう遅いでしょうが・・・。

子供に意欲的に勉強してほしいそのためのヒントとか書いてあるのを
期待してたのですが、そうではなかったです。

ああちゃんは結局、圧倒的な無償の愛を子供たちに与えることで
子供たちに勇気を与え、子供たち自身が自分の人生を歩んでいく
手助けになるといった内容でした。
キリスト教の教えのような、子供が道をそれそうなときに
どうしたかの経験を書いてました。
子育てに正解がないというのがよくわかる本でした。

思春期の子供を持つ親御さんにお勧めです。人生とは何かというのを
ああちゃんなりに考えて導いてきた回答が書いてあります。

おしまい。。


nice!(6)  コメント(3)