So-net無料ブログ作成

DVD観ました。『少女』 本田翼 山本美月 湊かなえ [映画]

 最近雨が続いて、DVD観ました。
5c51d3fab9a6ca5f.jpg


あらすじ
映画化もされた「告白」「白ゆき姫殺人事件」などで知られる人気作家・湊かなえの小説を実写映画化。『繕い裁つ人』などの三島有紀子監督がメガホンを取り、「人が死ぬ瞬間を見たい」という願望を持つ2人の女子高生が過ごす夏休みを、それぞれの視点で描く。親友同士のヒロインを、テレビドラマ「恋仲」でも共演したことのある本田翼と山本美月が演じ、17歳という多感な時期の心の闇を体現する。

親友の死体を目撃したという転校生の話を聞いて以来、由紀(本田翼)は人が死ぬ瞬間を見たいと思うようになる。高校2年生の夏休みに小児科病棟でボランティアを始めた彼女は、余命わずかな少年たちに近付き自らの願望をかなえようとする。一方、由紀の親友でかつていじめを受けた敦子(山本美月)は、人が亡くなる瞬間を見れば生きる気力を取り戻せると考え、老人ホームでボランティアを始めるが……。

感想
恋仲の本田翼さんが魅力的でこの映画を借りました。内容を全く知らず、題名と本田翼さんで
借りたので、スタートから3/4位まで、いじめとか自殺とか重たい内容で、登場人物にまともな人が
全く皆無で、頭がおかしくなりそうでした。監督の三島由紀子さんて名前も自殺しそうだし、
元気な精神状態でないと無理です。本田翼さんの死んだような眼が悲しく見てられませんでした。

児島さんも演技、役どころも下衆でした。。
news_header_shojo_5.jpg

320.jpg

我慢して観ていると、後半にスマップの稲垣吾郎さんが出てきて
この人は非常にまともな人格で、この人との絡みから点と点が
つながって行き、かなりハッピーエンドになります。
私の苦手なタイプの映画ですが、高校生とかでどうして生きるんだろうとか
思っている人には見てみてもいいかなあと思います。
元気な人向けです。でも心に響きます。

おしまい。。


nice!(5)  コメント(3)