So-net無料ブログ作成
検索選択

DVD観ました。プラダを着た悪魔 アン・ハサウエイ [映画]

 プラダを着た悪魔を見ました。
誕生日月だと旧作が1本無料でした。
145495_01.jpg
あらすじ
ローレン・ワイズバーガーの同名のベストセラー小説を映画化した、ハートウォーミングな女性映画。ゴージャスなファッション業界誌の舞台裏をコミカルにみせる。カリスマ編集長を貫禄たっぷりに演じたのは『クライシス・オブ・アメリカ』のメリル・ストリープ。助手役の『ブロークバック・マウンテン』のアン・ハサウェイと大物女優のやり取りもスリリングだ。続々と登場する一流ブランドのファッションや着こなしも必見。 アンディ(アン・ハサウェイ)はジャーナリストを志しNYにやって来る。オシャレに関心のない彼女は、無謀にも一流ファッション誌ランウェイの面接を受ける。編集長ミランダ(メリル・ストリープ)のジュニア・アシスタントの仕事を手に入れるのだが、翌朝から24時間公私の区別なく携帯が鳴り続ける悪夢の日々が始まった。

感想
『レ・ミゼラブル』でファンティーヌ役だったアンハサウエィが主演なので観ました。
アンハサウエィがとても美人で観てるだけで楽しくなりました。
ジャーナリストを目指していたのですが、一流ファッション誌のアシスタントになった
主人公が、努力で認められるようになるのですが、最後は、考え方が編集長とは
相容れないものがあって自ら身を引くお話でした。
ファッション雑誌を見ているかのような内容で女性の方にお勧めです。

おしまい。。


nice!(7)  コメント(3) 

セトウツミ DVD見ました。池松壮亮 菅田将暉 [映画]

 セトウツミという映画観ました。
168391_02.jpg
あらすじ
関西の男子高校生2人が放課後に何となく会話するだけという異色さで話題の、此元和津也による人気漫画を実写映画化。タイトルは瀬戸と内海という主人公2人の名前を組み合わせたもので、彼らが交わす嘲笑的でユーモアを織り交ぜた掛け合いが展開していく。クールな内海役には『海を感じる時』などの池松壮亮、天然キャラの瀬戸役に『共喰い』などの菅田将暉。監督は『まほろ駅前多田便利軒』などの大森立嗣が務める。
性格は正反対だがどこかウマの合う高校2年生の内海想(池松壮亮)と瀬戸小吉(菅田将暉)は、放課後にいつも河原で話をしながら暇つぶしをしている。くだらない言葉遊びや、思いを寄せる女子へのメールの内容、時にはシリアスなことも語り合う。そんな二人を見守る同級生の樫村一期(中条あやみ)に瀬戸は憧れているが、樫村は内海に好意を抱いており……。(説明文より)

 感想
なんとなく会話するだけの映画と聞いていたのですが本当に会話するだけの映画でした。
面白かったかといわれると面白かったですが、せつなくなる映画でした。
池松壮亮さんが人生を斜めから見ていていつも批判的であるのですが、菅田将暉さんとは
馬が合うって感じです。

高校生の二人が漫才をしているかのようなテンポの良い喋りでボケと突っ込みしてました。
これぞ関西ってかんじでした。23:00くらいからするB級TVドラマのような感じで
こんな映画もあるのかなあって思いました。
高校時代の暗黒のような楽しかったような日々を思い出す映画でした。

おしまい。。


nice!(5)  コメント(4) 

さらばあぶない刑事 TVで観ました。 [映画]

さらばあぶない刑事 映画をTVで観ました。
1986年のテレビドラマ放送開始から30年、最高視聴率26%を記録した国民的ドラマ劇場版スクリーンに帰ってくる。前作から10年ぶりとなる劇場版第7作(2016年)です。
abudeka_01.jpg

あらすじ
長きにわたり横浜の平和を守ってきた刑事コンビ、タカ(舘ひろし)とユージ(柴田恭兵)。定年を5日後に控えながらも、彼らは宿敵・銀星会の残党を追い、覚せい剤や拳銃が扱われるブラックマーケットの襲撃などを行っていた。そんな中、世界各国の闇市場や裏社会での縄張りを拡大している中南米マフィアが彼らの前に立ちはだかる。彼らの日本進出を阻止しようとするタカとユージだが、その戦いに横浜中の犯罪組織も絡んでいく。危険地帯と化した横浜で、二人は一世一代の勝負に挑むが……。 (説明文より)

感想
TVドラマから30年、昔はよく見てました。撮影時、舘ひろしは御年64歳、柴田恭兵さんは63歳と
あかいちゃんちゃんこが似合う歳での映画でした。
顔にしわとか出演者全体が昭和の香りが漂っていましたが、40過ぎの私には
懐かしくもあり、面白かったです。定年を5日後に迎え、5日経てば、退職金、年金がもらえるのですが
やはりこの二人、無茶ばかりしています。漫画のようなストーリーですが、楽しめました。
40代以上の方には心に響くと思います。

おしまい。。
nice!(5)  コメント(3) 

映画観ました。 バースデーカード 宮崎あおい 橋本愛 [映画]

映画観ました。バースデーカードです。
宮崎あおいさんが好きなので、この方が出られている映画は
極力見ようと思ってます。深谷シネマでやってたので
観ました。

http://www.birthdaycard-movie.jp/

c09f99e73e319626.jpg
あらすじ
紀子(橋本愛)が10歳のとき、自身の余命を悟った母・芳恵(宮崎あおい)は子供たちが20歳になるまで毎年手紙を送る約束をして亡くなる。生前の約束通り彼女のもとに届く母からのバースデーカードには、人生を輝かせるヒントなど内気な娘を思う母の愛情があふれていた。やがて紀子(橋本愛)が20歳を迎えた最後の手紙には、10年前に彼女が投げかけた質問への返事が記されており……。(説明文より)

感想
やっぱり宮崎あおいさんの声、ナレーション、演技すばらしい!!! でした。
素晴らしい役だと思います。
橋本愛さんのことを第一に考えて、この年齢に合わせたアドバイス!?色んなことを
教えてました。
ストーリーは予測できても涙が出てきます。


最後もハッピーエンドなところも良かったです。
アタック25というABCのTV番組が出てくるのですが、関西TVの制作だけあって
お笑いの要素もあって、感動あって、涙あって、良かったです。
子供を持つ世代には心に響くと思います。

おしまい。。


nice!(3)  コメント(3) 

バケモノの子 観ました。細田守監督 [映画]

 我が家の子供が撮っていた映画、バケモノの子を見ました。
http://www.bakemono-no-ko.jp/index.html

bakemono1_large.jpg

あらすじ
人間界「渋谷」とバケモノ界「渋天街」は、交わることのない二つの世界。ある日、渋谷にいた少年が渋天街のバケモノ・熊徹に出会う。少年は強くなるために渋天街で熊徹の弟子となり、熊徹は少年を九太と命名。ある日、成長して渋谷へ戻った九太は、高校生の楓から新しい世界や価値観を吸収し、生きるべき世界を模索するように。そんな中、両世界を巻き込む事件が起こり……。

感想
千と千尋の神隠しのような異次元の世界に舞い込む感じ、よく似てました。
「サマーウォーズ」「おおかみこどもの雨と雪」も面白かったので、期待してみました。
主人公の成長する様が良かったのですが、バケモノの熊鉄が自己犠牲で主人公を助けるのが
ちょっとかなあ、誰もが幸せになるハッピーエンドにしてほしかったかなあ。
渋谷の街がリアルに表現されていて映像は素晴らしかったです。
次回作に期待です。
おしまい。。


nice!(2)  コメント(3) 

DVD観ました。 オペラ座の怪人  [映画]

 映画観ました。
オペラ座の怪人という2004年の映画です。
ミュージカルで劇団四季とかがやっているのですが
一度も見たことが無いので見ました。
123149968469116119912.jpg

あらすじ
1919年、オペラ・ポピュレールにて劇場の備品を処分する公開オークションを開催する。ラウル・シャニュイ子爵は猿の形をした張り子のオルゴールを購入し、黒いドレスを着た年配のマダム・ジリーが悲し気に見つめる。競売人は次に、荒廃したシャンデリアを「オペラ座の怪人による奇妙な出来事」で重要な役割を担ったと紹介する。シャンデリアは輝きを取り戻し、屋根の元の位置にゆっくりと上昇し、1870年に時代がさかのぼる。(説明文より)



感想
ファントムって亡霊とか幽霊とかいう意味なんですね。
オペラ座の幽霊(怪人)ってタイトルで主人公はその怪人です。
エレファントマンのような見世物小屋で育った怪人は見世物小屋から逃げ出して
オペラ座にすみ着いていました。何を食べて生きていたかわからないですが
少年は大人になり、オペラ、作曲、建築の天才になってました。
その怪人の歌がうまいこと、びっくりです。
ヒロインの女性はその怪人に夢の中で歌を教えてもらい、主役に抜擢されます。
歌がうまく美人で、ミュージカルが見たくなります。
ヒロインは最後、白馬に乗った王子様に助けられてハッピーエンドですが
怪人は悲しい運命です。ミュージカルが見てみたいです。

おしまい。。


nice!(6)  コメント(5) 

ショーシャンクの空に 映画観ました。 [映画]

 自転車の学生時代の友達がこの映画いいから
見るようにと言ってたのを思い出したので
DVD借りました。94年の名作だそうです。
shawshank.jpg

あらすじ
妻とその愛人を射殺したかどでショーシャンク刑務所送りとなった銀行アンディ。初めは戸惑っていたが、やがて彼は自ら持つ不思議な魅力ですさんだ受刑者達の心を掴んでゆく。そして20年の歳月が流れた時、彼は冤罪を晴らす重要な証拠をつかむのだが……。 (説明文より)

感想
確かに面白かったです。刑務所の話で男しか出ないのですが
逆境でも希望をもって、その時にできることをすれば、道は
開けるって話です。最後胸がスカッとします。
万人にお勧めです。アカデミー賞7部門の価値あると思います。

おしまい。。


nice!(7)  コメント(7) 

あん DVD見ました。 河瀬直美 [映画]

 DVD見ました。
河瀬直美監督の映画です。
166828_01.jpg

あらすじ
刑務所から出所したのち、どら焼き屋「どら春」の雇われ店長となった千太郎の店に、徳江(樹木希林)という女性がやって来る。その店で働くことを強く希望した徳江を千太郎は採用。徳江が作る粒あんが評判となり、店は大繁盛。そんな中徳江は、つぶれたどら焼きをもらいに来ていた女子中学生のワカナと親しくなる。ところがある日、かつて徳江がハンセン病を患っていたことが近所に知れ渡り……。 (説明文より)

感想
監督さんが有名で絶賛されていると聞いていたのですが、今回初めて見ました。
女子中学生のワカナは樹木希林さんのお孫さん もっくんのお子さんです。
どら焼き屋さんに女子中学生がつぶれたどら焼きをもらいに来るのは、かなり
不自然ですが、それを含んでも面白かった。樹木希林さんの優しさ、ハンセン病
患者で外に出ることができない鳥かごの中の鳥のように悲しい人なのですが
無償の愛を店長さんにささげてました。さりげない言葉が心にしみました。
今更かもしれませんが、超おススメです。

おしまい。。
nice!(4)  コメント(3) 

DVD見ました。 『銀の匙』 [映画]

 銀の匙 見ました。
jake.jpg

あらすじ
受験失敗をきっかけに、北海道の大蝦夷農業高校へ入学した八軒勇吾(中島健人)は、同級生のアキ(広瀬アリス)や駒場(市川知宏)のように明確な将来の展望を抱けない自分に違和感を抱きつつも、酪農実習や部活に奮闘していた。北海道の大自然と動物たち、そして個性豊かな仲間に囲まれ、これまで経験したことのない生活を送る中で八軒は戸惑い、悩みながらも自分の進むべき道を見つけ始めるが……。 (説明文より)

感想
受験で失敗して夢も希望もない青年(高1)が北海道の大自然の中、酪農を通じて人間として
成長していく様を描いた映画です。少年サンデーに連載だそうですが読んだことないので
全く固定概念とかなく見ることが出来ました。面白かったです。
北海道のドラマなので北の国からを思い出すのは私だけでしょうか。主人公のライバルであり
友人である駒場さんの酪農家が倒産するところなんか、北の国からと同じというか厳しい現実
でした。それでもたくましく生きていこうという姿勢良かったです。
ヒロインの広瀬アリスさんが、かわいくて惚れてしまうやろ!って叫びたくなります。
勉強だけがすべて、いい学校を出て、サラリーマンになってという都会では一般的なコースと
真逆な生き方、こんな人生もありかなあと思ってしまいます。

 高校生にお勧めかなあ。。。

おしまい。


nice!(4)  コメント(4) 

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 見ました。 [映画]

 映画観ました。ハリーポッターのホグワーツ魔法学校を卒業した
主人公のお話です。
title_160930.jpg
あらすじ
魔法動物学者ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)は、魔法動物の調査と保護のためニューヨークを訪問する。ある日、彼の魔法のトランクが人間のものと取り違えられ、魔法動物たちが人間の世界に逃亡してしまう。街中がパニックに陥る中、ニュートはティナ(キャサリン・ウォーターストン)らと共に追跡を開始するが……。 (説明文より)

感想
本作は、ハリーポッターシリーズに続く新シリーズ第一弾。舞台は前シリーズより昔の1920年代のアメリカです。魔法の杖を持った主人公が活躍します。主役のエディ・レッドメインがどこかとぼけたかんじで
何処かの映画で見たと思っていたらレミゼラブルのマリウス役でした。
魔法動物がかわいくて、アメリカ映画って感じでした。先日のOZの魔法使いから70年かとか思っちゃいました。

ハリーポッタを見てなくても全く問題ない内容でした。
ダンブルドア校長とかもだれ一人出てないですが、話ではちょっとだけ出てました。

勧善懲悪でスカッとする内容ですし、ほろっと来るシーンもあるし、万人にお勧めの作品でした。
nice!(4)  コメント(3)