So-net無料ブログ作成
検索選択
本、雑誌、漫画 ブログトップ
前の10件 | -

みんなの朝ドラ 読みました。 木俣 冬 [本、雑誌、漫画]

 みんなの朝ドラって本を読みました。
P1260064.jpg

内容紹介

一時期、低迷していた朝ドラは、なぜ“復活”したのか。

おしん、ちゅらさん、ちりとてちん、
ゲゲゲの女房、カーネーション、あまちゃん、
ごちそうさん、花子とアン、マッサン、あさが来た、
とと姉ちゃん、べっぴんさん、ひよっこ……

名作の魅力を解き明かすとともに、
朝ドラが時代の鏡として日本人の姿を
どれくらい映し出してきたかを、考察。

----------

SNSでの反応って気になるものですか?
朝ドラだからできること、できないことの制約ってあるのですか?

朝ドラの“気になるところ”を脚本家に聞いてみた、
制作者インタビューも特別収録!

----------

ファン待望、著者渾身の朝ドラ論!

あなたにとって、「思い出の朝ドラ」は何ですか?

----------

◆本書のおもな内容◆

序 章 2010年代、朝ドラの何が変わったのか
――『ゲゲゲの女房』ほか

第1章 国際結婚とつかこうへいイズム――『マッサン』
第2章 食らうことは生きること――『ごちそうさん』

第3章 妾と女中と正妻と――『あさが来た』
第4章 純愛と道ならぬ恋――『花子とアン』

第5章 生涯独身ヒロイン、あらわる――『とと姉ちゃん』
第6章 シングルマザーの現実と誇り――『私の青空』
第7章 産めよ育てよ働けよ――『べっぴんさん』

第8章 辛抱だけじゃなかった――『おしん』
第9章 人生なめ過ぎな主人公――『まれ』

第10章 朝ドラを超えた朝ドラ――『カーネーション』
第11章 影武者に光を――『あまちゃん』

第12章 朝ドラはこうしてつくられる:岡田惠和インタビュー
――『ちゅらさん』『おひさま』『ひよっこ』
第13章 “朝ドラらしさ”とは何か:大森寿美男インタビュー
――『てるてる家族』              

朝ドラに「パターン」があると感じるのは、気のせい?2010年代、朝ドラはなぜ“復活”したのか?名作の魅力を解き明かした待望の朝ドラ論! (説明文より引用)


感想
2017年の5月の新刊なので新しいひよっこについても記載されています。
過去7年くらいの朝ドラを総括していて、昔見た内容を思い出さしてもらえます。
朝ドラファンにはお勧めです。やっぱり、激動の明治大正昭和を生き抜いて
仕事や家庭を築く姿に朝ドラの王道を見ると思います。朝の15分で今日も頑張ろう
いう気持ちにさせてくれます。

おしまい。。


nice!(4)  コメント(3) 

日本の名峰 立山 購入しました。 [本、雑誌、漫画]

 立山に未だ登ったことが無く、行ってみたいと思ってました。
埼玉からだと2泊3日にくらいには為るので、行くなら夏休みくらいかなあ。
本屋さんで創刊号第1号、特別定価299円でした。

https://deagostini.jp/nmd/?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=nmd
P1260058.jpg

三浦豪太さんが案内しています。
三浦豪太さんは雄一郎さんの息子さんで
雄一郎さんと一緒にエベレストも登頂しています。
登山道でライチョウが出てきたり、立山に登ってみたくなります。

おしまい。

nice!(5)  コメント(3) 

君の膵臓をたべたい 読みました。 [本、雑誌、漫画]

『君の膵臓をたべたい』の本を読みました。
51+tVxGmjuL__SX334_BO1,204,203,200_.jpg

内容
偶然、僕が病院で拾った1冊の文庫本タイトルは「共病文庫」。
それはクラスメイトである山内桜良が綴っていた、秘密の日記帳だった。
そこには、彼女の余命が膵臓の病気により、もういくばくもないと書かれていて――。

病を患う彼女にさえ、平等につきつけられる残酷な現実。
【名前のない僕】と【日常のない彼女】が紡ぐ、終わりから始まる物語。
全ての予想を裏切る結末まで、一気読み必至!  (説明文より)
http://kimisui.jp/

映画化もされて7/28公開だそうです。2016年の年間ベストセラー1位
本屋大賞2位です。

感想
タイトルが奇抜ですが、内容は人とかかわりを持つのが苦手な男子高校生
余命いくばくもない女子高校生の恋愛小説です。
女性が無くなるのが分かっていて読み進めていくのが、ジェットコースターの
頂点までゆっくり駆け上がっていく感じと同じでずっとドキドキしていました。
内容を書くと楽しくなくなるのですが、涙が出ました。
一読されても良い小説です。
中学生、高校生、大学生に読んでほしいかなあ。

おしまい。



nice!(2)  コメント(3) 

杉原千畝 小説読みました。 大石直紀  [本、雑誌、漫画]

 この本はずいぶん前におもしろそうだと思って
購入し、読まずに本棚で温めていました(( ´艸`))
P1230231.jpg

あらすじ
杉原千畝は1900年、岐阜に生まれた。父親からは医者になるよう命じられていたが、語学への志高く、家出同然で上京する。外務省の留学生募集に見事合格、杉原は満洲の地ハルピンでロシア語を学ぶことになる。そのまま彼の地で外交官としてのキャリアをスタートさせた杉原だが、堪能な語学力と独自の情報収集能力でソ連との北満鉄道譲渡の交渉を成功させる。しかしソ連からは「ペルソナ・ノン・グラータ(好ましからざる人物)」とされ、杉原はリトアニア行き命じられる。
リトアニアでも日本政府のために重要な情報収集を続けていた杉原だったが、1939年、ドイツがポーランドへ侵攻を開始し第二次世界大戦が始まると、ナチスの迫害を受けたユタヤ人の人々が、彼のもとへと日本の通過ビザを求めて集まってくる。政府に了承を得ようとする杉原だったが、もはや一刻の猶予もならず、自らの判断でビザを発給することを決意するのだった。
第二次世界大戦開戦直後、、軍靴の響き高鳴るヨーロッパ・リトアニアの地で、ユダヤ難民の人々にビザを発給し続け、6000人の命を救ったとされる日本人外交官、杉原千畝。彼の真実に迫る感動の超大作映画を完全ノベライズ。  (説明文より)

感想
北朝鮮情勢があやしくなってきて、アメリカだロシアだとか言っていますが
日本も70年前は戦争をしていたのだなあと改めて思いました。
杉原さんの行動は外務省、日本に逆らってユダヤ人を助けたのですが
私にはできたか疑問、たぶんできなかったと思います。
映画は見ていないですが、スリルのある読み物でした。
万人にお勧めです。強い意志が読み取れます。

おしまい。。

nice!(3)  コメント(3) 

ビブリア古書堂の事件手帖7 読みました。 [本、雑誌、漫画]

 ビブリア古書堂の事件手帖の最新作、7巻を読みました。
累計640万部だそうです。
http://biblia.jp/
CA3G0119.jpg

あらすじ)
ビブリア古書堂に迫る影。太宰治自家用の『晩年』をめぐり、取り引きに訪れた老獪な道具商の男。彼はある一冊の古書を残していく―。奇妙な縁に導かれ、対峙することになった劇作家ウィリアム・シェイクスピアの古書と謎多き仕掛け。青年店員と美しき女店主は、彼女の祖父によって張り巡らされていた巧妙な罠へと嵌っていくのだった…。人から人へと受け継がれる古書と、脈々と続く家族の縁。その物語に幕引きのときがおとずれる。(説明文より)

感想)
事件手帖の最終話はシェイクスピアにまつわるお話です。
前作が出てから2年半が経過していて、もう忘れた感があったのですが
書店に並んであったので購入しました。面白くて読んでいる間は
寝不足気味でした。十分楽しませていただきました。
少ない情報での謎解きが素晴らしいのとハッピーエンドがいいですね。


映画化するそうなので楽しみです。2013年には剛力彩芽さんでドラマ
されていましたが次も剛力さんかなあ。

おしまい。


nice!(5)  コメント(3) 

何者 読みました。 朝井リョウ [本、雑誌、漫画]

 何者という小説読みました。直木賞作品で映画化されているのですが読んだことが無かったので
購入しました。
51Xur5fqCsL__SX340_BO1,204,203,200_.jpg
あらすじ
「あんた、本当は私のこと笑ってるんでしょ」就活の情報交換をきっかけに集まった、拓人、光太郎、瑞月、理香、隆良。学生団体のリーダー、海外ボランティア、手作りの名刺……自分を生き抜くために必要なことは、何なのか。この世界を組み変える力は、どこから生まれ来るのか。影を宿しながら光に向いて進む、就活大学生の自意識をリアルにあぶりだす、書下ろし長編小説。(説明文より)

感想
私の20年前の就職活動は学校推薦であまりしなかったのですが、文系の人たちは大変そうなのが
よくわかります。20社も30社も落ちて人間不信になったり、自分の存在価値が分からなくなったり
『何者』になりたいのかわからない人のもがきが書かれています。
一生懸命頑張っている人を素直に応援できない妬みとかひがみとかよくわかります。
ラストの30ページで人間の泥臭い部分が見えます。
そんなにお勧めって感じではないです。『桐島、部活やめるってよ』の方が面白かったです。

おしまい。。
nice!(5)  コメント(3) 

ダメ親と呼ばれても学年ビリの3人の子を信じて・・・。ああちゃん 読みました。 [本、雑誌、漫画]

 季節柄、最近読む本が偏ってます。
ビリギャルのさやかさんを慶応大学に合格させた
おかあさん(ああちゃん)が書いた本です。
51VVqCZ2xUL.jpg 

偏差値30から慶應義塾大学に現役合格した姉(さやか)、父親のスパルタ教育のせいで思春期に自暴自棄になってから立ち直った弟(長男)、不登校状態から上智大学に合格した妹など――いま話題のビリギャル家族のすべてがわかる、何度も泣ける、本当にあった物語。不遇を極めた祖母、母、娘(さやか)と受けつがれた「折れない心」。その心は、どん底の家庭環境のなか、どのように伝えられたのか?「親族になけなしの金を生涯むしられた自分の母に、幸せな家庭を見せたい」――そう願って、母・ああちゃんが始めた夫婦生活は、すぐに冷え切り、怒声が飛び交う家に。そんななか、ああちゃんは改心し、全く新しい子育てを始めます――爆発的ながんばりを、あなたの子どもからも引き出せる、感動的な気づきを満載した内容です。

(説明文より)

感想
考えていた内容と違ってましたが面白かったです。
母・ああちゃんと夫の関係が冷えていてそれを見ていた
子供たち、特に次女は仏壇に手を合わせて仲良くなってほしいと
祈っていたそうです。
夫婦の仲が悪いと子供の人格形成に良くないことがよくわかりました。
夫婦がけんかする姿は、見せてはいけないと思いました。もう遅いでしょうが・・・。

子供に意欲的に勉強してほしいそのためのヒントとか書いてあるのを
期待してたのですが、そうではなかったです。

ああちゃんは結局、圧倒的な無償の愛を子供たちに与えることで
子供たちに勇気を与え、子供たち自身が自分の人生を歩んでいく
手助けになるといった内容でした。
キリスト教の教えのような、子供が道をそれそうなときに
どうしたかの経験を書いてました。
子育てに正解がないというのがよくわかる本でした。

思春期の子供を持つ親御さんにお勧めです。人生とは何かというのを
ああちゃんなりに考えて導いてきた回答が書いてあります。

おしまい。。


nice!(6)  コメント(3) 

最高学府はバカだらけ 本を読みました。石渡嶺司 [本、雑誌、漫画]


P1220252.jpg

内容
大学全入時代をほぼ迎えたいま、私大では定員割れが続出し、潰れる大学も出てきている。こうした、世間からそっぽを向かれた「崖っぷち大学」は生き残りに必至だが、それは、東大や早慶上智、関関同立といった難関大といえども他人事ではない。どの大学も受験生集めのためにあらゆる手を尽くしている。ところが、その内容は----AO入試で辞退さえしなければ誰でも合格、就職率や大学基本情報の非公表・偽装、イメージをよくするために大学名を改名(秋田経済法科大からノースアジア大へ)、新しいことを学べる新学部を設立(シティライフ学部や21世紀アジア学部を新設)などなど、世間の常識と大いにズレていて、どこかアホっぽいのだ。本書では、こうした大学業界の最新「裏」事情と各大学の生き残り戦略を、具体例をふんだんに交えながら紹介していく。 (説明文より)

感想
私が大学を出た時代の18歳の人口は約200万人で大学生50万人いましたが、今の18歳人口は約120万人で60万人います。大学全入時代というか希望すれば入れる時代になっています。世間では森友学園の小学校建設問題とかがクローズアップされていますが、それだけ生徒を集めるのが難しく、下手をするとつぶれる学校運営なのだと思います。

 話は本の内容とは、ずれますが、たった25年で18歳人口が200万人⇒120万人と6割になっています。このままのライフスタイルが続くと100年後(4世代?)で72万人⇒43万人⇒26万人⇒16万人になる計算です。ざっと私の世代の1/10 日本の人口が1000万人になっちゃいます。100年後の日本は、産業自体、日本の国自体が崩壊なのかなあと思いました。 

  話を戻して有名大学ですら学生を集めるのに苦労しているのですから底辺の大学とかは死活問題です。
そのあたりの事情を面白く解説しているのですが、バカとかアホとか多少言葉遣いが乱暴です。
今の現状が分かって勉強になる本でした。

おしまい。。


nice!(7)  コメント(3) 

そして生活はつづく  星野源 [本、雑誌、漫画]

星野源さんの そして生活はつづく のエッセイ読みました。
累計30万部突破だそうです。



あらすじ
携帯電話の料金を払い忘れても、部屋が荒れ放題でも、人付き合いがにがてでも
誰にでも朝日は昇り、何があっても生活はつづいていく。
ならば、そんな素晴らしくない日常を、つまらない生活を面白がろう!
音楽家で俳優の星野源、初めてのエッセイ集。巻末に俳優・きたろうとの特別対談
『く・・・そして生活はつづく』も収録  (説明文より)
https://www.amazon.co.jp/%E3%81%9D%E3%81%97%E3%81%A6%E7%94%9F%E6%B4%BB%E3%81%AF%E3%81%A4%E3%81%A5%E3%81%8F-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%98%9F%E9%87%8E-%E6%BA%90/dp/4167838389
IMG01130.jpg

感想
星野源さんは 恋恥で有名ですが、その前にも歌手でブレイクしてました。
長男君が好きでよく聴いていたのですが、私には良さがさっぱり分かりませんでした。
音楽も声もお芝居も顔も不細工、下手ではないのですが、カリスマ的でない普通の
お兄さんって感じです。飾らない素朴な感じが受けているのかもとこの本を読んで
思いました。等身大で背伸びをしない、ダメなものはダメと認めていましたし、
文章を書くのもすごく上手でした。
人気の出るのが分かります。それにしても音楽に俳優に本まで書いてマルチですね。

おしまい。。


nice!(4)  コメント(2) 

それもまたちいさな光 角田光代 [本、雑誌、漫画]

それでもまたちいさな光を読みました。
CA3G0081.jpg

あらすじ
デザイン会社に勤める悠木仁絵は35歳独身。いまの生活に不満はないが、結婚しないまま一人で歳をとっていくのか悩みはじめていた。そんな彼女に思いを寄せる幼馴染の駒場雄大。だが仁絵には雄大と宙ぶらりんな関係のまま恋愛に踏み込めない理由があった。二人の関係はかわるのか。人生の岐路にたつ大人たちのラブストーリー。 (説明文より)

感想
歳が近い!?近かったせいか、心に沁みました。角田さんの作品を最近よく読んでますが
心にヒットしました。
TBS開局60周年を記念してラジオ小説だったそうですが、ドラマ化や映画化しても
十分面白いとおもいました。
特に大きな事件が起こるわけでもないですが、わかるなあって感じの小説で
涙ありで良かったです。ぜひ一読を。。

おしまい。


nice!(7)  コメント(3) 
前の10件 | - 本、雑誌、漫画 ブログトップ