So-net無料ブログ作成
検索選択

雪詩慕雲 児玉店 ランチ食べました。 [お食事とスイーツ]

 ランチを食べました。雪詩慕雲(セシボン)というお店です。
http://foods-net-japan.co.jp/seshibon/
P1240274.jpg
セシボンとは、フランス語(C'est si bon)で「素晴らしい」という意味の言葉です。そして私たちがお客様から頂きたいとっておきの言葉です。お客様一人ひとりがセシボンな気分になれますように、美味しい手作り料理と温かなおもてなしを用意しているそうです。(説明文より)

セシボンは熊谷とか深谷にもあったそうですが、撤退して今は児玉店のみの
営業だそうです。古くからの喫茶店って感じの雰囲気でした。

店内↓
P1240275.jpg

P1240276.jpg

Aランチ890円(税別)を注文しました。
アイスコーヒーとサラダ
P1240279.jpg

チキンソテーのデミグラスソースとスープ
P1240280.jpg

コスパが高くて美味しかったです。

ごちそうさまでした。

おしまい。



nice!(5)  コメント(3) 

塙保己一記念館に行ってきました。 [国内旅行]

本庄市出身で有名な偉人 塙保己一さんの記念館に行きました。
P1240271.jpg

塙保己一は1746年5月5日、児玉郡保木野村(現本庄市児玉町保木野)に生まれ、7歳にして失明し、15歳で江戸に出て修行を積み総検校という最高位に登りつめました。国学者だそうです。
http://www.onkogakkai.com/hanawa_life.htm

P1240273.jpg


保木野の生家にも近くなので行きました。
P1240370.jpg

保木野には保己一の生まれた入母屋造りの茅葺き二階建ての生家があり、国の史跡に指定されています。
P1240369.jpg

石碑もたってました。
P1240372.jpg

P1240374.jpg
この題字は渋沢栄一先生が書いたそうです。
P1240376.jpg

長男君のバスケットの試合の送迎だったのですが、その合間の観光でした。
P1240379.jpg

おしまい。

nice!(3)  コメント(3) 

眞子さま ご婚約おめでとうございます。 号外 [世間のニュース]

 暗いニュースばかりですが、眞子さまがご婚約という明るいニュースです。


2015年11月のことですが、全日本テニス選手権で
眞子さまが来られていました。
眞子さまは秋篠宮さまから引き継いで日本テニス協会の総裁だそうです。
対面だったのでかなりの望遠でした・・・。
P1110590.jpg

アップ↓ 美人です。
P11105901.jpg

この時は内山選手が優勝してトロフィーの授与とかもされていました。

P1110727.jpg

ご婚約おめでとうございます!!!


号外でした。

nice!(3)  コメント(3) 

骨波田の藤を見に行きました。 長泉寺 本庄市 [国内旅行]

 APEで出かけました。
P1240175.jpg

本庄市にある長泉寺に行きました。
http://www.kotuhata.or.jp/
本庄市のキャラクターはにぽん

P1240191.jpg

曹洞宗大用山長泉寺は室町時代に縁起を持つ寺院です。
境内には樹齢650年と推定される、
埼玉県天然記念物に指定されている
「骨波田の藤」があり、
東国花の寺・百ケ寺にも選ばれております。(説明文より)

1週間早かったみたいで満開ではありませんでした。
P1240192.jpg
樹齢650年だそうです。
P1240196.jpg

それでも綺麗でした。
P1240218.jpg

花より団子です。
P1240248.jpg

P1240249.jpg

P1240250.jpg

美味しかったです。

つつじも綺麗でした。
P1240259.jpg

白い藤もありました。
P1240254.jpg

ピンクの藤↓
P1240261.jpg

5/12で9部咲きだそうです。

おしまい。


nice!(5)  コメント(3) 

映画観ました。 海賊とよばれた男 [映画]

 映画観ました。海賊とよばれた男 です。
P1240171.jpg

深谷シネマで観ました。
P1240174.jpg


あらすじ
第10回本屋大賞を受賞した百田尚樹のベストセラー小説を、『永遠の0』の監督&主演コンビ、山崎貴と岡田准一のタッグで実写映画化。明治から昭和にかけて数々の困難を乗り越え石油事業に尽力した男の生きざまを、戦後の復興、そして世界の市場を牛耳る石油会社との闘いを軸に描く。日本人の誇りを胸に、周囲の仲間との絆を重んじた主人公・国岡鐡造の青年期から老年期までを、主演の岡田が一人でこなす。共演は吉岡秀隆、鈴木亮平、綾瀬はるか、堤真一ら豪華俳優陣がそろう。
敗戦後の1945年、東京。石油会社・国岡商店を率いる国岡鐡造(岡田准一)は、日本人としての誇りを持ち復興に向け突き進もうと従業員を激励する。戦後の混乱期にもかかわらず誰も解雇せず、独自の経営哲学と行動力で事業を広げていく。やがて欧米の石油メジャーも国岡を警戒し、その強大な包囲網により同社の石油輸入ルートは全て封鎖されてしまうが……。   (説明文より引用)
P1240190.jpg
感想
出光興産の創業者がモデルだそうです。明治にいち早く石油の将来性を見抜いて、邁進して一代で巨大な
会社にしたというお話です。時代の寵児でホリエモンに重なって見えました。目の付け所がちがっていて
こういう人に惚れるんだなあと思いました。ただ、子供ができないという理由で、妻の綾瀬はるかは一人
身を引くのですが、今ならあり得ないのかなあと思いました。
女性には?の部分が多いかもの話なので男性、社会人にお勧めの映画です。

おしまい。

nice!(7)  コメント(3)