So-net無料ブログ作成

神河ヒルクライムポタ6 柳田國男生家 [旅★兵庫(神戸・姫路・明石他)]

 自動車で帰る途中に柳田國男の生家があったので
立ち寄ってみました。
http://www.town.fukusaki.hyogo.jp/html/kinenkan/
P1090854.jpg

松岡家の6男。明治8年(1875)、神東郡辻川村(現福崎町西田原)の生まれ。上京後、森?外と出会い、歌人松浦萩坪に師事。田山花袋、國木田独歩、島崎藤村ら文学仲間と交流を深め、「文学界」に新体詩を発表しました。しかし、「なぜに農民は貧なりや」ということばに示されるように当時の社会構造に対する鋭い疑問から文学への傾倒を絶ち、農政学を志すことになります。東京帝国大学に学び、卒業と同時に農商務省へ。勤めのかたわら各地を旅して、地方に残る習俗や伝承を研究しました。『後狩詞記』『遠野物語』など、民俗学に通じる書を著したのはこの頃です。また、雑誌「郷土研究」の創刊は、民俗学が独自の領域と主張を持つための基礎となりました。大正8年(1919)に官を退き、翌年朝日新聞社の客員となって、全国を調査旅行し、『海南小記』などの紀行文を発表。昭和5年(1930)、同社を退職後はますます民俗学に専念し、雑誌「民間伝承」の創刊や、民俗学研究グループの拡大に取り組みました。その後の半生は、日本各地の伝承記録の集大成に力を注ぎ、日本民俗学を確立するとともに、『民間伝承論』『海上の道』など、多くの著作を残しています。
                                       (説明文より)

P1090869.jpg


P1090857.jpg

P1090859.jpg

P1090860.jpg

記念館の入場は16:00までで終わってました。

P1090861.jpg
旧神崎郡役所
P1090862.jpg



P1090864.jpg
アジサイが綺麗でした。
P1090863.jpg

おしまい。。。
                                    

nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

nice! 6

コメント 4

オサムシ

おはようございます。柳田國男の生家あるんですね☆
by オサムシ (2018-06-25 06:13) 

tsun

柳田國男の生家、予算の関係か、かなり傷んでますね。
by tsun (2018-06-25 09:41) 

hayazou2002

みぽりんです。
柳田國男の生家って、福崎町なんですね。
by hayazou2002 (2018-06-25 09:43) 

hayazou2002

みなさま
ご訪問ありがとうございます。

オサムシさま
兵庫県出身だとは思いませんでした。てっきり東北あたりかと・・・。

tsunさま
古いですが清掃は行き届いてた感じです。

みぽりんさま
福崎町にありました。
by hayazou2002 (2018-06-26 06:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

’ここから追加Google自動広告追加2019/1/9追加