’ここから追加Google自動広告追加2018/8/4追加
So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

映画みました。 空気人形 是枝監督  ペ・ドゥナ [□映画]

台風とお仕事でどこにも出かけられない日に観ました。
是枝監督の空気人形という作品です。
是枝監督は最近万引き家族でカンヌのパルム・ドールを受賞した監督さんです。

個人的には この監督さんの作品はまっすぐじゃなく、ハッピーエンドにならないので
好きじゃないのですが興味本位で見ました。日本アカデミー主演女優の作品です。

a0212807_2151659.jpg

あらすじ
『歩いても 歩いても』などの是枝裕和監督が、業田良家原作の短編コミック「ゴーダ哲学堂 空気人形」を映画化した切ないラブストーリー。心を持ってしまった空気人形と人間の交流を温かく見守る。『グエムル -漢江の怪物-』のペ・ドゥナが空気人形役を熱演。共演者も『蛇にピアス』のARATAや『ニセ札』の板尾創路ら個性派が顔をそろえる。国際的撮影監督、リー・ピンビンのカメラによる情緒豊かな東京の風景と、人形の純粋さに夢中になる。
レトロなアパートで秀雄(板尾創路)と暮らす空気人形(ペ・ドゥナ)に、ある日思いがけずに心が宿ってしまう。人形は持ち主が仕事に出かけるといそいそと身支度を整え、一人で街歩きを楽しむようになる。やがて彼女はレンタルビデオ店で働く純一(ARATA)にひそかな恋心を抱き、自分も彼と同じ店でアルバイトをすることに決めるが……。  (説明文より)


感想
ぺ・ドゥナさんの裸体を見られて、彼女はスタイル抜群で良かったですが、空しさとか悲しさが
こみあがってくる作品です。人形が心を持ったのですが、この人形が一番人間らしい心の持ち主で
つらい世の中で、たくましくも生きられずに・・・・。

昔、樫木モックというアニメがあって、ピノキオのアレンジ版ですが、最後は人間になって
幸せに暮らしたとさ、的なエンディングではなくて、この作品は資本主義経済の、弱者は切り捨てられる
そんな内容でした。むなしい作品でした。心が元気なときに見られるのを勧めます。

今ならGAOで見られます。↓
https://movies.yahoo.co.jp/movie/空気人形/333252/trailer/?vid=00908:v14442:v1000000000000008734


おしまい。。。

nice!(4)  コメント(3) 
共通テーマ:映画