So-net無料ブログ作成

東京恵比寿散策 エビスビール記念館3 [旅★東京・千葉・神奈川(横浜・箱根他)]

さて、待ちに待った試飲です。

麦芽とホップの見本です。
P1010538.jpg
エビスビール
P1010542.jpg

コハクエビス
P1010547.jpg
ツアー参加費及び、ビール2杯におつまみも付いて500円はお得です。
P1010537.jpg

P1010544.jpg


P1010535.jpg

ビールのつぎ方「三度注ぎ」の講習をしてくれました。

[1]油など汚れが残っていない綺麗に洗浄されたグラスを用意する。汚れていると、きめ細やかな泡にならず、見た目も味も美味しくならないそうです。

[2]グラスは冷やさず常温で。冷やすと泡が立ちにくいそうです。ビールの温度は4~8℃くらいが飲み頃。


[3]グラスを置いたまま傾けず、高め(グラスから上30cmくらいでした)から勢いよく注ぎ、泡を立てます。量は半分ほど注ぎます。この状態だとほとんど泡です。

[4]2回目は、グラスの脇から缶を斜めにして、
ゆっくり泡が立たないようにグラス8~9分目まで注ぎます。その時、泡対ビールが5:5になるまで待ちます。

[5]3回目も2回目と同じように静かに注ぎ、泡がグラスより溢れるくらいに注ぐと、

荒い泡がグラスよりはみだしますが、
P1010554-crop.jpgP1010553.jpg

自然と消えて細やかな泡だけになり、
泡対ビールが3:7の美しい泡とビールの黄金比のできあがりです。

また、プロがサーバーからいれて下さったビールの方は、普段飲んだことの無いような、きめ細やかなふわふわの泡で、泡とビールの境界に、「フロスティーミスト」と呼ばれる細かい泡の層ができていました。
グラスの底から覗き込むと、飲むたびに泡を作り出し、泡を長く保っている層だとわかりました。

サーバーの管理はもちろん、グラスの管理、注ぎ手の腕が揃って、このような美味しいビールになるそうです。

また、ラッキーヱビスについて説明してくれました。
鯛が二匹いるのがラッキーヱビス、通常は一匹です。
瓶ビールのみにしかないそうです。
出会える確率は数百分の一だそうです。
P1010556.jpg

P1010564.jpg

この後、山手線の新型車両で明治神宮に向かいました。
P1010568.jpg

続く。。。


nice!(3)  コメント(4) 
’ここから追加Google自動広告追加2019/1/9追加