So-net無料ブログ作成

ボヘミアン・ラプソディ  観ました。 [□映画]

 ボヘミアン・ラプソディ  観ました。クイーンのフレディ・マーキュリーの伝記です。

96948.jpg
内容
1970年、ロンドン。ライブ・ハウスに通っていた若者フレディ・マーキュリーは、ギタリストのブライアン・メイとドラマーのロジャー・テイラーのバンドのボーカルが脱退したと知り自らを売り込む。二人はフレディの歌声に心を奪われ共にバンド活動をし、1年後、ベーシストのジョン・ディーコンが加入。バンド名は<クイーン>に決まり、4人はアルバムを制作し、シングル「キラー・クイーン」が大ヒット。個性的なメンバーの革新的な挑戦によって、その後もヒット曲が次々に生み出され、フレディは“史上最高のエンターテイナー”とまで称されるようになる。しかし、栄光の影で次第にフレディはメンバーと対立し孤独を深めていくのだった…。


感想
今年の大ヒット作なので見ました。
クイーンを良く知らないのですが、
歌はCMとかで良く聴きます。
栄光と挫折を描いた伝記です。
個人的にはバイセクシャルの話が共感できなくて、世間が言うほど
絶賛ではなかったです。
音楽は良くてクイーン好きな人にはたまらない映画だと思います。


   おしまい。。

nice!(4)  コメント(3) 
’ここから追加Google自動広告追加2019/1/9追加