’ここから追加Google自動広告追加2018/8/4追加
So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

映画観ました。 嫌な女  吉田羊 木村佳乃 黒木瞳監督 [□映画]

 映画を見ました。
今、GAOでしています。
https://gyao.yahoo.co.jp/player/00025/v12774/v1000000000000005949/
2016年の映画です。
Ci91zC7UYAQC-D-.jpg
『失楽園』などの黒木瞳が初めて監督に挑戦し、桂望実のベストセラー小説を映画化した人間ドラマ。同い年のいとこ同士でありながら、立場も境遇も異なる対照的な二人の女性の人生と奇妙な絆を描く。仕事も結婚生活もうまくいかない堅物弁護士に、『HERO』シリーズなどの吉田羊がふんする。彼女を振り回すしたたかな詐欺師を、『蝉しぐれ』などの木村佳乃が演じる。脚本は、『信長協奏曲』シリーズなどの西田征史が担当。
司法試験に一発で合格し充実した結婚生活を送っているはずが、実際にはどちらも順調とは言い難く空虚な日々を過ごしている女弁護士・徹子(吉田羊)。そんな彼女のもとに、婚約破棄で慰謝料を請求されたという同い年の従姉・夏子(木村佳乃)がやってくる。社交的で自分とは何もかも対照的な夏子を子供のころから嫌っていた徹子だったが、久しぶりに会ってからというもの、夏子に振り回される日々となり……。 (説明文より引用)

感想

前評判は恐ろしいくらい低い映画です。5段階で2です。
そこまで悪くはない映画だと思いました。嫌な女というタイトルで 木村佳乃が嫌な女という話かと
思いましたが最後まで見ると、実は吉田羊さんが嫌な女で自己表現が下手で、本当は優しいのだけれど
どこかいつも一歩引いている女の人だということが分かりました。
木村佳乃さんは、嫌な女というより、自分に正直な頭の少し弱い女って感じでした。

幸せってどこにあるのかなあと考えさせる映画でした。
ラストの 竹内まりや さんの『元気を出して』 を木村佳乃さんがアカペラで歌うところ
が少し心に沁みました。 この歌大好きです。

5段階で3.5かなあ。


おしまい。。




nice!(5)  コメント(3) 
共通テーマ:旅行

映画みました。 空気人形 是枝監督  ペ・ドゥナ [□映画]

台風とお仕事でどこにも出かけられない日に観ました。
是枝監督の空気人形という作品です。
是枝監督は最近万引き家族でカンヌのパルム・ドールを受賞した監督さんです。

個人的には この監督さんの作品はまっすぐじゃなく、ハッピーエンドにならないので
好きじゃないのですが興味本位で見ました。日本アカデミー主演女優の作品です。

a0212807_2151659.jpg

あらすじ
『歩いても 歩いても』などの是枝裕和監督が、業田良家原作の短編コミック「ゴーダ哲学堂 空気人形」を映画化した切ないラブストーリー。心を持ってしまった空気人形と人間の交流を温かく見守る。『グエムル -漢江の怪物-』のペ・ドゥナが空気人形役を熱演。共演者も『蛇にピアス』のARATAや『ニセ札』の板尾創路ら個性派が顔をそろえる。国際的撮影監督、リー・ピンビンのカメラによる情緒豊かな東京の風景と、人形の純粋さに夢中になる。
レトロなアパートで秀雄(板尾創路)と暮らす空気人形(ペ・ドゥナ)に、ある日思いがけずに心が宿ってしまう。人形は持ち主が仕事に出かけるといそいそと身支度を整え、一人で街歩きを楽しむようになる。やがて彼女はレンタルビデオ店で働く純一(ARATA)にひそかな恋心を抱き、自分も彼と同じ店でアルバイトをすることに決めるが……。  (説明文より)


感想
ぺ・ドゥナさんの裸体を見られて、彼女はスタイル抜群で良かったですが、空しさとか悲しさが
こみあがってくる作品です。人形が心を持ったのですが、この人形が一番人間らしい心の持ち主で
つらい世の中で、たくましくも生きられずに・・・・。

昔、樫木モックというアニメがあって、ピノキオのアレンジ版ですが、最後は人間になって
幸せに暮らしたとさ、的なエンディングではなくて、この作品は資本主義経済の、弱者は切り捨てられる
そんな内容でした。むなしい作品でした。心が元気なときに見られるのを勧めます。

今ならGAOで見られます。↓
https://movies.yahoo.co.jp/movie/空気人形/333252/trailer/?vid=00908:v14442:v1000000000000008734


おしまい。。。

nice!(4)  コメント(3) 
共通テーマ:映画

映画観ました。 大停電の夜に 豊川悦司 原田知世 [□映画]

 朝の連ドラ終わっちゃいましたね。次の朝ドラも楽しみです。
朝の連ドラで大活躍!?の豊川悦司と原田知世さんが主演の映画観ました。
2005年の作品です。私にとって2005年はつい最近のように感じていましたが
映像の中の携帯電話であったり、東北の震災の前であったり、13年前というのは
時間の流れを感じました。宇津井健さんも淡島千景さんも亡くなっています。

メイン-44.jpg


あらすじ
東京が大停電に遭遇したクリスマスイブの夜を12人の男女の物語を交錯させながらロマンティックに描くラブストーリー。監督は『東京タワー』の源考志。12人の男女を演じるのは豊川悦司、原田知世、井川遥、宇津井健などバラエティーに飛んだ顔ぶれ。さまざま年齢、さまざまな形の愛を見ごとな脚本と構成力で完成度の高い作品に仕上げている。ファタジックな雰囲気をかもし出している美しい映像にも注目。
クリスマスイブの夜、不倫関係を清算し、泣きながらホテルのエレベーターに乗り込む美寿々(井川遥)。エレベーターボーイで中国人研修生・李冬冬(阿部力)が彼女の顔を心配そうに覗き込んだとき、東京中のイルミネーションが消えはじめエレベーターも急停止した。 (説明文より引用)

感想
クリスマスイブの12/24は、何か素敵なことが何か起こるのではと期待させられる1日ですが
この日に大停電が起こります。その日に起こった出来事をオムニバスみたいな短い物語
を繋いで最後にトヨエツと原田知世の話になります。トヨエツが経営するジャズバーに
原田知世が現れるところが圧巻で、この物語のクライマックスで素晴らしいです!
クリスマスイブに見たい作品です。洋酒を飲みながら観るのが、おススメの作品です。
ハッピーエンドでは無いですが、キャンドルライトの雰囲気が良い作品です。


おしまい。。。



nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

映画 パーマネント野ばら 観ました。 菅野美穂  [□映画]

映画観ました。パーマネント野ばらという作品です。2010年の作品です。
今ならGAOで無料です。↓
https://gyao.yahoo.co.jp/search?s=gy&p=%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%83%B3%E3%83%88%E9%87%8E%E3%81%B0%E3%82%89
photo.jpg

あらすじ
人気漫画家・西原理恵子が大人の女性のおかしくも切ない恋心を描き、大きな話題を呼んだ同名漫画を映画化した恋物語。田舎町の小さな美容室を舞台に、男性に振り回されながらも「どんな恋でもないよりまし」とたくましく生きる女性たちの恋模様を紡ぐ。監督は、『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』の吉田大八。ヒロインは、『Dolls ドールズ』以来8年ぶりの主演作となる菅野美穂、共演には江口洋介、小池栄子、池脇千鶴ら豪華な顔ぶれがそろう。
娘を連れて出戻ったなおこ(菅野美穂)と、その母まさこ(夏木マリ)が営む町に一つの美容室「パーマネント野ばら」。町の女性たちは日々店に集ってはおしゃべりに興じ、恋にまつわるさまざまな悩みや人には言えない小さなうそを告白していた。一方、なおこは高校時代の恩師カシマ(江口洋介)と恋をしていたが、その恋にもある秘密が隠されていた……。    (説明文より)


感想


高知、宿毛を舞台に美容室 パーマネント野ばら の離婚して出戻ったなおこ(菅野美穂)が主役です。

今の時代なのに昭和の匂いがプンプンして時代が止まっている感じです。
前半からエンディング直前まで田舎の漁村のパットしない話のオンパレードで、そのままフェイドアウト
かなあと思ってたら急に、( ゚Д゚)びっくりして悲しさが押し寄せてきます。

内容を言えば楽しみがなくなるので、やめておきますが、最後まで見てください。

日本映画らしく、短調のお話でした・・・。
やっぱり小池栄子さん演技力凄いです。惹かれます。

 おしまい。。

                 

nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:旅行

映画観ました。 婚前特急 吉高由里子 [□映画]

 2011年の映画です。
GAOでしてたので観ました。https://gyao.yahoo.co.jp/player/00908/v12925/v1000000000000002345/

154903_01.jpg


あらすじ
今を楽しく生きるため、5人の男性と同時に付き合っていた独身女性が親友の結婚を機に自分を見つめ直し、運命の相手を見つけるまでをユーモラスに描いた恋愛コメディー。彼氏5人を掛け持ちしながらも、どこか憎めないヒロインを、『蛇にピアス』で数々の映画賞を総なめにした吉高由里子がはつらつと演じる。彼女と付き合う5人の彼氏には、人気バンド「SAKEROCK」の浜野謙太、『それでもボクはやってない』の加瀬亮、ベテラン榎木孝明ら個性豊かな顔ぶれがそろう。

24歳のOLチエ(吉高由里子)は今を楽しく生きるべく、時間を有効利用して5人の彼氏と付き合っていた。結婚する気などさらさらないチエだったが、親友の結婚を機にたった一人の本当の相手を選ぶため、彼氏5人の査定を始める。こうしてチエの本当の相手探しが始まったが……。   (説明文より)


感想
朝ドラ出身の吉高さんと杏さんのツーショットは素晴らしいのですが、
内容は恋愛コメディーです。

ネタばれになりますが、結局一緒にいて楽、楽しい人をOLチエちゃんは選んでました。
顔とか収入とか条件から言うと一番選ばない人を選んでました。
けんかもいっぱいするほど仲がいいというのも分かります。
お互いに言いたいことを言えずに貯めるとろくなことが無いのもわかります。

吉高さんがコミカルにOLチエちゃんを演じてます。
最後は ほっこり って感じの作品です。

これからご結婚される方にこんな考えもあるのかって感じで参考になる!?
作品です。


おしまい。。




nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:旅行

映画観ました。  メアリと魔女の花 [□映画]

メアリと魔女の花 TVでしてたので初めてみました。

http://www.maryflower.jp/
Crankin_4713404_1f0b_1.jpg
あらすじ
『借りぐらしのアリエッティ』などの米林宏昌監督がスタジオジブリ退社後、プロデューサーの西村義明が設立したスタジオポノックで制作したアニメ。メアリー・スチュアートの児童文学を基に、魔女の国から盗み出された禁断の花を見つけた少女の冒険を描く。少女メアリの声を務めるのは、『湯を沸かすほどの熱い愛』やNHKの連続テレビ小説「とと姉ちゃん」などの杉咲花。脚本を『かぐや姫の物語』などの坂口理子、音楽を『思い出のマーニー』などの村松崇継が手掛ける。
無邪気で不器用な少女メアリは、森で7年に1度しか咲かない不思議な花“夜間飛行”を見つける。この花は、魔女の国から盗み出された禁断の花だった。一夜限りの不思議な力を得たメアリは、魔法大学“エンドア”への入学を許されるが、あるうそをついたことから大事件に発展してしまい……。 (説明文より引用)


感想
スタジオジブリの作品は大体見てるのですが、これは見てなかったので録画したものを
観ました。
内容は魔女のファンタジーでした。
少し残念なのが、魔女の宅急便とハリーポッタと天空の城ラピュタを足して3で割ったような
作品でした。どこかで見たことのあるフレーズといいますか、新鮮さが無かったかなあと思いました。

この3つの作品を見ていない方なら楽しめると思います。
我が子が、ワンピースかルパンで印象に残ったシーンを話していた時に、
古い洋画をオマージュしたシーンを上げていて、それを知らずに見た
息子がそこが良かったと言ってたので、初めてみるシチュエーションが
心に残るんだと思いました。


魔女の花、見てみたいです。神秘のお花でした。


おしまい。。。


nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

映画観ました。 聲の形 アニメ [□映画]

 映画観ました。 NHK教育でしていた 聲(こえ)の形 という映画です。
social.jpg

あらすじ
元ガキ大将の主人公と聴覚障害があるヒロインの切ない青春を描いた大今良時のコミックを基に、『けいおん』シリーズなどの山田尚子監督が手掛けたアニメーション。主人公の少年が転校生の少女とのある出来事を機に孤立していく小学生時代、そして高校生になった彼らの再会を映し出す。アニメーション制作を京都アニメーション、脚本を『ガールズ&パンツァー』シリーズなどの吉田玲子が担当。ボイスキャストには入野自由と早見沙織らが名を連ねる。 西宮硝子が転校してきたことで、小学生の石田将也は大嫌いな退屈から逃れる。しかし、硝子とのある出来事のために将也は孤立し、心を閉ざす。5年後、高校生になった将也は、硝子のもとを訪れることにし……。   (説明文より)

感想

NHK教育でしてたのを録画で見ました。あまり期待してなかったのですが
期待以上に良かったです。ただ、重たい作品で、心が元気なときに見ることを
おススメします。

いじめっ子といじめられ子の話で小学生の残酷な いじめからそのことが心に深く突き刺さった
主人公がいじめてた女の子と再会し、友達になりたい というお話です。
心の描写が繊細で、多感な時期の友情とか愛情とかを描いてます。

マンガ全7巻を2時間にしたお話ですので、原作を読んだ方には少し物足りないそうですが
私は十分感動しました。小学、中学、高校生に見てもらいたい作品です。

おしまい。。


nice!(2)  コメント(5) 
共通テーマ:旅行

映画観ました。 僕の初恋をキミに捧ぐ  井上真央 岡田将生 [□映画]


 僕の初恋をキミに捧ぐ 2009年の映画です。
a174C81.jpg

あらすじ
累計600万部を超える青木琴美の同名ベストセラーコミックを映画化した純愛ストーリー。20歳まで生きられないと宣告された少年と、彼を献身的に支えようとする少女のもどかしい恋の行方が描かれる。監督は『Life 天国で君に逢えたら』の新城毅彦。『花より男子ファイナル』の井上真央が、死を宣告された初恋相手と懸命に生きていく悲恋の少女を演じる。共演は『重力ピエロ』の岡田将生。涙なしには観られない珠玉のラブストーリーだ。
医師の孝仁(仲村トオル)を父に持つ少女・繭(井上真央)は、父の病院で入院生活を送る少年・逞(岡田将生)と出会う。逞に恋心を抱き始めた繭は、逞が重い病気により20歳まで生きられないと知りつつも「大人になったら結婚しよう」と約束。しかし、時が経って自らの余命を自覚した逞は恋心を封印し、繭を遠ざけようとする。                     (説明文より引用)

感想
病気で死ぬ恋愛映画はジェットコースターのゆっくり高さを稼いでいるドキドキ感と似ています。
今2人の時間が楽しければ楽しいほど後から来る喪失感が倍増されそうで、悲しみが倍増でやってきます。
井上真央さんは八日目の蝉(2011年)で演技がうまいなあと思ってましたが、この作品でも
その魅力をいかんなく発揮してました。
井上真央さんと岡田将生さんは中学生から高校生の役でした。


この年になると親の立場で映画を見てしまい、我が子が20歳まで生きられない、心臓移植しか助かる道
が無いとなると私ならつぶれてしまいそうです。自分がこの立場なら厳しいなあとか
結局、我が子の健康が一番とか思って見てました。生きるって何だろうっていう映画です。


映画の中で主人公の心臓移植の話が決まりかけ、助かるかもしれないとなったのですが
移植元のお母さんが、脳死でも息子はまだ生き返る(意識を取り戻す)かもしれないと

移植できないとなって、主人公の岡田将生さんは死んでいくのですが、
井上真央さんが土下座までして移植元のお母さんに懇願していくあたり、涙が止まりませんでした。
理性では心臓移植をすると決めていても、心がまだ助かるかもとか思ってたら、出来ないですね。

心臓移植の難しさが分かりました。
せつない、ラブストーリーでした。ハンカチが必要です。ご興味のある方は是非。。

nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:旅行

Mr.インクレディブル 見ました。  [□映画]

TVでしていたのを録画していて夏休みのに見ました。
Mr.インクレディブルというピクサーアニメの映画です。
インクレディブルというのは信じられないようなという意味だ
そうで、信じられないほどすごい人って意味です。
51xs2q-XLzL__SY445_.jpg

インクレディブル・ファミリーの宣伝でやってたのをはじめて見ました。
2004年の映画です。

あらすじ
『ファインディング・ニモ』のディズニー/ピクサーが描く引退したスーパー・ヒーローとその家族の繰り広げる愛と冒険の物語。監督は『アイアン・ジャイアント』のブラッド・バード。声の出演には『ポルターガイスト』のクレイグ・T・ネルソンや『ピアノレッスン』のホリー・ハンター、サミュエル・L・ジャクソンなど演技派が名を連ねる。『ファインディング・ニモ』の6倍もの処理速度でコンピュータが描く、キャラクターの複雑な表情や150着以上の衣装は新たな映像世界を見せてくれる。
スーパー・ヒーローの破壊力に満ちたパワーは、一般市民の生活にもダメージをあたえ、スーパー・ヒーローは、政府から活動を禁止されてしまう。それから15年後、かつて人気ナンバー・ワンだったヒーロー“Mr.インクレディブル”は保険会社の社員として暮らしていた。 (説明文より引用)


感想
全く前情報もなく、面白いよ、という話だけで見ました。
スーパーマンの主人公Mr.インクレディブルは、政府からヒーロー活動を禁止されて
左遷されたサラリーマンのように毎日を退屈に過ごしていました。その憂いの表情とか
ホント悲しい感じでどんな話になるか心配でしたが、やっぱりヒーローはヒーローとして
大活躍してアメリカを助けます。そこに家族の愛とかが描かれほろっとさせてくれます。
色んな能力を持った家族が一丸となって悪者をやっつける内容でどなたでも楽しめるし
ハッピーエンドだしお勧めです。

おしまい。。。



nice!(4)  コメント(3) 
共通テーマ:旅行

映画 イルマーレ 観ました。 The Lake House [□映画]

 イルマーレという2006年 キアヌリーブス サンドラブロック の
映画観ました。
o0350051913563791203.jpg

あらすじ
同名の韓国映画をハリウッドでリメイクした純愛ラブストーリー。2004年と2006年を結ぶ不思議な郵便箱で文通を始めた男女が、実際には会えない互いへの恋心を募らせていく。主人公の男女を演じるのは、『スピード』以来の共演を果たしたキアヌ・リーヴスとサンドラ・ブロック。ファンタスティックな展開と孤独を抱えた男女の心情を見つめたリアルなドラマが融合。物語を優しく包むポール・マッカートニーの歌声も感動的だ。

2006年、シカゴの病院で働くことになった女性医師ケイト(サンドラ・ブロック)は、湖岸に立つ一軒家からシカゴ市内に引っ越すことに。郵便受けに次の住人へのメッセージを残した彼女は、後日返事を受け取るものの、それは2004年を生きる建築家の青年アレックス(キアヌ・リーヴス)からの手紙だった。(説明文より)


感想
イルマーレとはイタリア語で海を意味します。 韓国映画のリメイクだそうですがどちらも見れてないです。
韓国映画の題名がイルマーレだそうで、設定が 海辺の家 を舞台に起きる物語なのでその題名になったのですが、原作の題名をそのまま受け継いで邦題もイルマーレになったそうです。映画の中で出てくるレストランがイルマーレなのですが、題名は、『The Lake House』 のままか、『湖畔の家』の方が良かったと思いました。

恋愛もので、2年間の時間のずれからすれ違っていく様がじれったい感じで良かったです。
途中で、あらすじが読めてくるのですが、イルマーレのレストランがポイントになります。
ほぼ予想通りの結末でしたが良かったです。
景色もきれいですし、面白かったです。
『イルマーレ』と『君の名は』 のあらすじがよく似てると思いました。
万人向き、恋愛もの好きな方に、おススメです。

 おしまい。。

nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:旅行