’ここから追加Google自動広告追加2018/8/4追加
So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

映画観ました。 RAILWAYS 49歳で電車の運転手になった男の物語 [□映画]

 映画観ました。中井貴一さん主演のRAILWAYSです。
https://gyao.yahoo.co.jp/player/00460/v12848/v1000000000000002190/
20110122.jpg


仕事に追われ、家族を省みることのなかった50歳目前の男が、ふと人生を振り返り、幼いころの夢を追い求め始める感動ストーリー。監督は『白い船』などで知られる島根出身の錦織良成。主人公の男を『亡国のイージス』の中井貴一、その妻を「天地人」の高島礼子、娘を『ドロップ』の本仮屋ユイカが演じている。一畑電車の走る島根の風土を描きながら、家族や仕事といった人生の普遍的なテーマを扱った深遠なストーリーが感動を呼ぶ。
大手家電メーカーで数々の実績を積み上げ、50歳を目前にしながら仕事に追われる日々を送る肇(中井貴一)。一人暮らしの母が倒れたのをきっかけに故郷へ戻った彼は、一畑電車の運転手になるという幼い頃の夢を思い出し、採用試験に応募してみる。そして、年齢のハンディーを乗り越えて試験に合格した肇は運転手となるが……。

感想
わたしもいつの間にかアラフィフという年代になりました。
題名にぐっと引き込まれて見てしまいました。
好きなことなんだろうとか、新しい挑戦とか考えさせられました。
出雲の一畑電鉄の田舎の風景がぐっと入ってきました。


私が中学生の時に旅行で出雲に行って乗ったように思いますが
その時は何も素晴らしいとか思わなかった田舎の景色が
今見るとぐっと入ってきます。
せわしく生きること、自分の好きなことを仕事にすること
大学を卒業する娘の本仮屋ユイカさんが自分のしたいことを見つけて
自分の道(介護のお仕事)を歩いていくところとかが響いてきました。

普段の生活に疲れているのかなあ・・・・。

人生に立ち止まりそうな人にお勧めです!

おしまい。。。

nice!(9)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

映画観ました。 秋深き 八嶋智人 佐藤江梨子 [□映画]

芸術の秋!?食欲の秋、時間がないので映画観ました。
秋深き という映画です。
149654_01.jpg



あらすじ
「夫婦善哉」で知られる織田作之助の短編を原作に、いちずに愛を貫く平凡な中学校教師と、大らかな母性で彼を受け止める元ホステスの純愛を紡いだラブストーリー。監督には『ハサミ男』の池田敏春があたり、主演は、映画やバラエティーなど幅広く活躍する八嶋智人と、『CUTIE HONEY キューティーハニー』の佐藤江梨子。共演には佐藤浩市、赤井英和ら実力派が脇を固める。不器用な生き方しかできない男女の姿を通し、愛の強さや人生の切なさ、日々の営みの尊さを描いた内容に、胸が熱くなる。
仏具屋を営む実家で両親と暮らす中学教師の寺田(八嶋智人)は、見合い話には目もくれず、ホステスの一代(佐藤江梨子)に夢中だった。ある晩、寺田が意を決して一代に求婚すると彼女は承諾し、二人は一緒に暮らし始める。しかし、自分の知らない一代の男性遍歴に寺田が嫉妬(しっと)を募らせていたある日、一代が「胸が痛い」と言いだす。 (説明文より引用)


感想
季節もそうですが大阪の梅田とかを舞台にしていて街が懐かしい感じでした。
中学教師(八嶋智人)とホステス(佐藤江梨子)との出会いとか、なれそめまでは理解できたのですが
佐藤江梨子が病気になってから、胡散臭い壺や宗教めいた神頼みに化学の先生なのにのめりこんでいくと
ころが真実味が無くて共感できませんでした。それが人間なのかもしれませんが・・・。
競馬にのめりこむところも悲しすぎます。
秋の終わりにこの枯れ葉がすべて落ちたら私は死ぬのよ的な感じの、冬に向かう悲しい作品でした。
苦手な感じの作品でした。心が元気な方にお勧めです。佐藤江梨子さんは演技も関西弁も上手で
良かったです。

おしまい。。


nice!(5)  コメント(3) 
共通テーマ:映画

映画観ました。 ビブリア古書堂の事件手帖 黒木華 野村周平 東出昌大 [□映画]

ビブリア古書堂の事件手帖の映画が11/1より上映されてます。
貴重なお休みに見に行ってきました。
https://biblia-movie.jp/
ogp.png

3年前に原作を読んでました。
https://net-de-mile2.blog.so-net.ne.jp/2015-05-26-1

貴重なお休みに何をするか悩んでいましたが、この映画を見るのが一番したかったので
観ました。

あらすじ
古書にまつわる謎を解き明かす若くて美しい古書店主が主人公の人気小説を、『幼な子われらに生まれ』などの三島有紀子監督で映画化したミステリー。古書店主のヒロインと彼女の推理力に心酔する青年が、希少本を狙う謎の人物の正体に迫るさまを描く。古書の知識が豊富で推理力に長けたヒロインを『小さいおうち』などの黒木華、ヒロインを手伝う青年を『サクラダリセット』シリーズなどの野村周平が演じる。
北鎌倉にある古書店「ビブリア古書堂」。夏目漱石の直筆と推察される署名入りの「それから」を持ち込んだ五浦大輔(野村周平)は、持ち主である亡き祖母の秘密を解き明かした店主・篠川栞子(黒木華)の推理力に驚く。その後栞子を手伝うことになった大輔は、彼女が所有する太宰治の「晩年」の希少本が、「人間失格」の主人公と同じ「大庭葉蔵」を名乗る人物に狙われていることを知る。 (説明文より)

感想
剛力彩芽さんのTVドラマの印象があったのですが、さすが黒木華さんの演技は素晴らしくて
すぐに溶けこみました。
北鎌倉のイメージとか古書堂のイメージとか、そのまま再現されてて面白かったです。
640万部の大ヒット作の映画化で、公開4日目での評価なのでコアーなFANの厳しい評価
なので低いのかなあと思いました。東出昌大さんが格好良くて良い味だしてました。
佐藤浩市の路線で何十年もいけるなあと思っちゃいました。

これの評価が良ければ次期作もあるのかと思いました。
本好きの方にお勧めです。読書の秋です。面白かったです。

この間読んだ、石井衣良さんの 娼年、爽年、逝年 と〇年 になってるのですが太宰治、晩年を
リスペクトとか思っちゃいましたが、ググっても出てこないので関係ないか。。。


おしまい。

nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

俺はまだ本気出していないだけ 映画観ました。 堤真一 [□映画]

 映画観ました。堤真一さん主演の 俺はまだ本気出していないだけ です。
堤真一さんは『やまとなでしこ』の欧介さんとか 朝ドラのマッサンのサントリー社長役とか
好きな俳優さんの一人です。関西弁が上手だなと思い調べると、兵庫県西宮市出身で、
甲子園球場の近くでそだったそうです。どおりで関西弁がうまいわけです。

d-0018036.jpg

あらすじ
小学館「月刊IKKI」で連載されていた青野春秋の人気漫画を実写化したコメディー・ドラマ。何となく会社を辞めた42歳のバツイチ中年男が、漫画家になると宣言したことから巻き起こる騒動を追い掛ける。『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズの堤真一が、ゲームに明け暮れ、娘に借金し、グズった果てに家出するという、父親にも大人にも成り切れていないダメな主人公を怪演。メガホンを取るのは、『コドモ警察』シリーズなどの福田雄一。共演には、『さよならドビュッシー』の橋本愛をはじめ、生瀬勝久、山田孝之らが名を連ねる。
子持ちで離婚歴がある42歳、大黒シズオ(堤真一)。ある日、彼は「本当の自分を探す」と何も考えずに会社を辞めてしまう。だが、ゲームばかりの毎日を送り、同居する父親の志郎(石橋蓮司)から怒鳴られてばかり。そんな中、本屋で立ち読みをしていたシズオは漫画家になろうと決意し、志郎と娘の鈴子(橋本愛)に熱く夢を語る。しかし、出版社に原稿も持ち込むも不採用。さらに、生計を立てようとファストフード店でバイトするが、ミスを繰り返し、さらにはバイト仲間から店長というあだ名を付けられてしまう。 (説明文より)


感想
『俺はまだ本気出していないだけ』自分なりにベストを尽くしても結果が悪いと、つい言ってしまう言い訳です。本気を出してこの結果、って言われるのが嫌で、つい言ってしまいます。

42歳の中年と言わる歳になっても、子供が高校生になっても自分の夢が忘れられなくて、夢を追いかける中年のお話です。
自分は何かができると自分に言い聞かせて、夢を忘れずに漫画家になろうと努力しているお父さんのお話です。
周りの人たちはとっくの昔にサラリーマンになったり、夢を実現していますが、この人はずっと、夢を追いかけています。痛いようで可愛い感じでピーターパンを見ているようで応援したくなります。
最後はそれなりに完結していますが、相変わらず夢追い人でエンデイングを向かえます。

 日頃ストレスの多いお父さんたちにおススメの映画です。また頑張ろうと思えてきます。

11/26まで無料で配信されてます。
https://movies.yahoo.co.jp/movie/俺はまだ本気出してないだけ/344472/trailer/?vid=00460:v12636:v1000000000000002184

おしまい。。

    

nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:旅行

映画観ました。 嫌な女  吉田羊 木村佳乃 黒木瞳監督 [□映画]

 映画を見ました。
今、GAOでしています。
https://gyao.yahoo.co.jp/player/00025/v12774/v1000000000000005949/
2016年の映画です。
Ci91zC7UYAQC-D-.jpg
『失楽園』などの黒木瞳が初めて監督に挑戦し、桂望実のベストセラー小説を映画化した人間ドラマ。同い年のいとこ同士でありながら、立場も境遇も異なる対照的な二人の女性の人生と奇妙な絆を描く。仕事も結婚生活もうまくいかない堅物弁護士に、『HERO』シリーズなどの吉田羊がふんする。彼女を振り回すしたたかな詐欺師を、『蝉しぐれ』などの木村佳乃が演じる。脚本は、『信長協奏曲』シリーズなどの西田征史が担当。
司法試験に一発で合格し充実した結婚生活を送っているはずが、実際にはどちらも順調とは言い難く空虚な日々を過ごしている女弁護士・徹子(吉田羊)。そんな彼女のもとに、婚約破棄で慰謝料を請求されたという同い年の従姉・夏子(木村佳乃)がやってくる。社交的で自分とは何もかも対照的な夏子を子供のころから嫌っていた徹子だったが、久しぶりに会ってからというもの、夏子に振り回される日々となり……。 (説明文より引用)

感想

前評判は恐ろしいくらい低い映画です。5段階で2です。
そこまで悪くはない映画だと思いました。嫌な女というタイトルで 木村佳乃が嫌な女という話かと
思いましたが最後まで見ると、実は吉田羊さんが嫌な女で自己表現が下手で、本当は優しいのだけれど
どこかいつも一歩引いている女の人だということが分かりました。
木村佳乃さんは、嫌な女というより、自分に正直な頭の少し弱い女って感じでした。

幸せってどこにあるのかなあと考えさせる映画でした。
ラストの 竹内まりや さんの『元気を出して』 を木村佳乃さんがアカペラで歌うところ
が少し心に沁みました。 この歌大好きです。

5段階で3.5かなあ。


おしまい。。




nice!(5)  コメント(5) 
共通テーマ:旅行

映画みました。 空気人形 是枝監督  ペ・ドゥナ [□映画]

台風とお仕事でどこにも出かけられない日に観ました。
是枝監督の空気人形という作品です。
是枝監督は最近万引き家族でカンヌのパルム・ドールを受賞した監督さんです。

個人的には この監督さんの作品はまっすぐじゃなく、ハッピーエンドにならないので
好きじゃないのですが興味本位で見ました。日本アカデミー主演女優の作品です。

a0212807_2151659.jpg

あらすじ
『歩いても 歩いても』などの是枝裕和監督が、業田良家原作の短編コミック「ゴーダ哲学堂 空気人形」を映画化した切ないラブストーリー。心を持ってしまった空気人形と人間の交流を温かく見守る。『グエムル -漢江の怪物-』のペ・ドゥナが空気人形役を熱演。共演者も『蛇にピアス』のARATAや『ニセ札』の板尾創路ら個性派が顔をそろえる。国際的撮影監督、リー・ピンビンのカメラによる情緒豊かな東京の風景と、人形の純粋さに夢中になる。
レトロなアパートで秀雄(板尾創路)と暮らす空気人形(ペ・ドゥナ)に、ある日思いがけずに心が宿ってしまう。人形は持ち主が仕事に出かけるといそいそと身支度を整え、一人で街歩きを楽しむようになる。やがて彼女はレンタルビデオ店で働く純一(ARATA)にひそかな恋心を抱き、自分も彼と同じ店でアルバイトをすることに決めるが……。  (説明文より)


感想
ぺ・ドゥナさんの裸体を見られて、彼女はスタイル抜群で良かったですが、空しさとか悲しさが
こみあがってくる作品です。人形が心を持ったのですが、この人形が一番人間らしい心の持ち主で
つらい世の中で、たくましくも生きられずに・・・・。

昔、樫木モックというアニメがあって、ピノキオのアレンジ版ですが、最後は人間になって
幸せに暮らしたとさ、的なエンディングではなくて、この作品は資本主義経済の、弱者は切り捨てられる
そんな内容でした。むなしい作品でした。心が元気なときに見られるのを勧めます。

今ならGAOで見られます。↓
https://movies.yahoo.co.jp/movie/空気人形/333252/trailer/?vid=00908:v14442:v1000000000000008734


おしまい。。。

nice!(4)  コメント(3) 
共通テーマ:映画

映画観ました。 大停電の夜に 豊川悦司 原田知世 [□映画]

 朝の連ドラ終わっちゃいましたね。次の朝ドラも楽しみです。
朝の連ドラで大活躍!?の豊川悦司と原田知世さんが主演の映画観ました。
2005年の作品です。私にとって2005年はつい最近のように感じていましたが
映像の中の携帯電話であったり、東北の震災の前であったり、13年前というのは
時間の流れを感じました。宇津井健さんも淡島千景さんも亡くなっています。

メイン-44.jpg


あらすじ
東京が大停電に遭遇したクリスマスイブの夜を12人の男女の物語を交錯させながらロマンティックに描くラブストーリー。監督は『東京タワー』の源考志。12人の男女を演じるのは豊川悦司、原田知世、井川遥、宇津井健などバラエティーに飛んだ顔ぶれ。さまざま年齢、さまざまな形の愛を見ごとな脚本と構成力で完成度の高い作品に仕上げている。ファタジックな雰囲気をかもし出している美しい映像にも注目。
クリスマスイブの夜、不倫関係を清算し、泣きながらホテルのエレベーターに乗り込む美寿々(井川遥)。エレベーターボーイで中国人研修生・李冬冬(阿部力)が彼女の顔を心配そうに覗き込んだとき、東京中のイルミネーションが消えはじめエレベーターも急停止した。 (説明文より引用)

感想
クリスマスイブの12/24は、何か素敵なことが何か起こるのではと期待させられる1日ですが
この日に大停電が起こります。その日に起こった出来事をオムニバスみたいな短い物語
を繋いで最後にトヨエツと原田知世の話になります。トヨエツが経営するジャズバーに
原田知世が現れるところが圧巻で、この物語のクライマックスで素晴らしいです!
クリスマスイブに見たい作品です。洋酒を飲みながら観るのが、おススメの作品です。
ハッピーエンドでは無いですが、キャンドルライトの雰囲気が良い作品です。


おしまい。。。



nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

映画 パーマネント野ばら 観ました。 菅野美穂  [□映画]

映画観ました。パーマネント野ばらという作品です。2010年の作品です。
今ならGAOで無料です。↓
https://gyao.yahoo.co.jp/search?s=gy&p=%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%83%B3%E3%83%88%E9%87%8E%E3%81%B0%E3%82%89
photo.jpg

あらすじ
人気漫画家・西原理恵子が大人の女性のおかしくも切ない恋心を描き、大きな話題を呼んだ同名漫画を映画化した恋物語。田舎町の小さな美容室を舞台に、男性に振り回されながらも「どんな恋でもないよりまし」とたくましく生きる女性たちの恋模様を紡ぐ。監督は、『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』の吉田大八。ヒロインは、『Dolls ドールズ』以来8年ぶりの主演作となる菅野美穂、共演には江口洋介、小池栄子、池脇千鶴ら豪華な顔ぶれがそろう。
娘を連れて出戻ったなおこ(菅野美穂)と、その母まさこ(夏木マリ)が営む町に一つの美容室「パーマネント野ばら」。町の女性たちは日々店に集ってはおしゃべりに興じ、恋にまつわるさまざまな悩みや人には言えない小さなうそを告白していた。一方、なおこは高校時代の恩師カシマ(江口洋介)と恋をしていたが、その恋にもある秘密が隠されていた……。    (説明文より)


感想


高知、宿毛を舞台に美容室 パーマネント野ばら の離婚して出戻ったなおこ(菅野美穂)が主役です。

今の時代なのに昭和の匂いがプンプンして時代が止まっている感じです。
前半からエンディング直前まで田舎の漁村のパットしない話のオンパレードで、そのままフェイドアウト
かなあと思ってたら急に、( ゚Д゚)びっくりして悲しさが押し寄せてきます。

内容を言えば楽しみがなくなるので、やめておきますが、最後まで見てください。

日本映画らしく、短調のお話でした・・・。
やっぱり小池栄子さん演技力凄いです。惹かれます。

 おしまい。。

                 

nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:旅行

映画観ました。 婚前特急 吉高由里子 [□映画]

 2011年の映画です。
GAOでしてたので観ました。https://gyao.yahoo.co.jp/player/00908/v12925/v1000000000000002345/

154903_01.jpg


あらすじ
今を楽しく生きるため、5人の男性と同時に付き合っていた独身女性が親友の結婚を機に自分を見つめ直し、運命の相手を見つけるまでをユーモラスに描いた恋愛コメディー。彼氏5人を掛け持ちしながらも、どこか憎めないヒロインを、『蛇にピアス』で数々の映画賞を総なめにした吉高由里子がはつらつと演じる。彼女と付き合う5人の彼氏には、人気バンド「SAKEROCK」の浜野謙太、『それでもボクはやってない』の加瀬亮、ベテラン榎木孝明ら個性豊かな顔ぶれがそろう。

24歳のOLチエ(吉高由里子)は今を楽しく生きるべく、時間を有効利用して5人の彼氏と付き合っていた。結婚する気などさらさらないチエだったが、親友の結婚を機にたった一人の本当の相手を選ぶため、彼氏5人の査定を始める。こうしてチエの本当の相手探しが始まったが……。   (説明文より)


感想
朝ドラ出身の吉高さんと杏さんのツーショットは素晴らしいのですが、
内容は恋愛コメディーです。

ネタばれになりますが、結局一緒にいて楽、楽しい人をOLチエちゃんは選んでました。
顔とか収入とか条件から言うと一番選ばない人を選んでました。
けんかもいっぱいするほど仲がいいというのも分かります。
お互いに言いたいことを言えずに貯めるとろくなことが無いのもわかります。

吉高さんがコミカルにOLチエちゃんを演じてます。
最後は ほっこり って感じの作品です。

これからご結婚される方にこんな考えもあるのかって感じで参考になる!?
作品です。


おしまい。。




nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:旅行

映画観ました。  メアリと魔女の花 [□映画]

メアリと魔女の花 TVでしてたので初めてみました。

http://www.maryflower.jp/
Crankin_4713404_1f0b_1.jpg
あらすじ
『借りぐらしのアリエッティ』などの米林宏昌監督がスタジオジブリ退社後、プロデューサーの西村義明が設立したスタジオポノックで制作したアニメ。メアリー・スチュアートの児童文学を基に、魔女の国から盗み出された禁断の花を見つけた少女の冒険を描く。少女メアリの声を務めるのは、『湯を沸かすほどの熱い愛』やNHKの連続テレビ小説「とと姉ちゃん」などの杉咲花。脚本を『かぐや姫の物語』などの坂口理子、音楽を『思い出のマーニー』などの村松崇継が手掛ける。
無邪気で不器用な少女メアリは、森で7年に1度しか咲かない不思議な花“夜間飛行”を見つける。この花は、魔女の国から盗み出された禁断の花だった。一夜限りの不思議な力を得たメアリは、魔法大学“エンドア”への入学を許されるが、あるうそをついたことから大事件に発展してしまい……。 (説明文より引用)


感想
スタジオジブリの作品は大体見てるのですが、これは見てなかったので録画したものを
観ました。
内容は魔女のファンタジーでした。
少し残念なのが、魔女の宅急便とハリーポッタと天空の城ラピュタを足して3で割ったような
作品でした。どこかで見たことのあるフレーズといいますか、新鮮さが無かったかなあと思いました。

この3つの作品を見ていない方なら楽しめると思います。
我が子が、ワンピースかルパンで印象に残ったシーンを話していた時に、
古い洋画をオマージュしたシーンを上げていて、それを知らずに見た
息子がそこが良かったと言ってたので、初めてみるシチュエーションが
心に残るんだと思いました。


魔女の花、見てみたいです。神秘のお花でした。


おしまい。。。


nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行